2017年9月26日(火)まるはりんくう常滑店にて早朝6時より知多中央倫理法人会のモーニングセミナーが開催されました。
株式会社まるはの坂野社長の講話ということもあり、多くの社員の方がお越しくださり満員御礼、朝早くからすごい熱気でした。

yakuin1
会場準備、机を1ミリにこだわってしっかり心を揃えます。

yakuin2
資料もしっかり紐に合わせて1ミリ単位で揃えます。これも心を揃えてお出向する準備です。

kaishi2

会長あいさつ 沢田 美稲会長
講話のお二人のように“かっこいい大人”というのは、どんなことをしているか、どんなことを考えているかがしぐさや顔ににじみでてくる。

県のお役を受けてどんなことを考えているのか、できることを真似してかっこいい大人になっていただきたい。
これから役をうける機会もあると思います。どのように対処して成長していくのかぜひ参考にして頂ければと思います。


ito
会員スピーチ 伊藤 之浩幹事
前期は副地区長を拝命させて頂いてとても勉強になりました。
ずっと“何のために生きているのか?”考えていて、倫理に出会ってその答えがみつかった。

仕事をしてお金をもらうのは当たり前。

お金はあの世に持っていけないし肉体は借り物。
お金にならないことをどれだけ人の為にできるか、それが徳積みだと思います。
お役はまさにそれが出来る場だと感じました。
自分でも人のため、地域のために自分ができることをして魂を磨いていきたい。

講話
banno
愛知県倫理法人会 知多地区副地区長 坂野豊和氏

まるはグループの社長以外に現在4つの会社の取締役をやっている。知多半島を盛り上げていきたい。
倫理歴は丸5年目になります。

倫理法人会では、この度知多地区を地区長とともに盛り上げていくお役をいただきました。
副地区長は地区長が何かあった時にその職務を代行しなければならない重要なポジションだと思います。
私の言葉でいえば“中村地区長と心を合わせ、良い加減で盛り上げていきます。”

このモーニングセミナーでは、「万人幸福の栞」の17ヶ条を毎週勉強する。
始めた頃はよく理解できなかったが、少しづつ心の中に入ってきた。
創業者のうめばあさんのような経営がしたいといつも思っているが、その考え方とこの倫理経営がすべてリンクしている。
生活面でも学べば学ぶほど理にかなっている。
学ぶ中でまだまだ疑問もある。今後学ぶ中で解決していきたい。

shimomura

愛知県倫理法人会 監査 下村修功氏

倫理には、山中敦子法人スーパーバイザーと村山明子法人スーパーバイザーの二人の師匠がいます。
倫理歴が9年のうち6年が県のお役を頂いている。お役を受けるうちは爪跡を残しなさいと言われた。
やるからには徹底的にやっていきます。

リーマンショックの影響で会社が倒産寸前だった。とにかく倫理を信じて徹底的に倫理を学びなさいと言われた。銀行にも融資を断られ信じてやってみるしかないと思い、全ての時間を倫理優先でやった。

その結果会社が奇跡的に復活した。
みなさんも倫理を信じて倫理の学びを一番にやってほしい。
すべてがうまくいきます。
宇宙とつながっている。倫理は大自然の法則だからです。

ひとつ私がかけていることがあった。
会員なら無料でできる“倫理指導”をしてもらったとき、「大先輩に感謝してますか」と言われた。

その時出来ていないことに気づいた。
どんなに正論いっても、順序を間違えるとうまくいかない。

山中敦子法人スーパーバイザーと約束したあと4年全力で倫理経営を普及させていきます。

連絡事項 山下貴史専任幹事
yamashita
本日の参加者は「40社、53名でした」。
しっかりと参加人数と来週のモーニングセミナーの告知をします。

誓いの言葉 沢田寿一相談役
sawada
いくつになっても元気な沢田相談役の「今日一日 朗らかに 安らかに 喜んで 進んで働きます。」のことばで締めくくられました。

記事担当 幹事 伊藤之浩